2008/6/11 水曜日

Fedora 8 with xen インストール地雷踏んじゃった

Filed under: xen, fedora — admin @ 21:39:51

Xenは標準の仮想化環境ではありません。

yum -y install xen-kernel

なんでxenカーネルを入れます。
■ /etc/mod_probe.conf

default=0

1から0に変更します。

yum -y install xen

xenのライブラリとユーティリティを入れます。

でリブート
どこかにも書いてあったけど…..xen入れるとXが立ち上がりません。

service xend start
xm list
chkconfig xend on
chkconfig xend --list

これでやっとXen仮想化環境の一覧を見ることができます。

No Tags

Fedora 9 with xen インストール地雷踏んじゃった

Filed under: xen, fedora — admin @ 10:07:28

いきなりネットワークにつながらない。
Xenの仮想ネットワーク
は複雑で、毎度仕様を変えてくるので、よく起こる話です。
とりあえずルーティングテーブルを見てみましょう。

[root@xen1 ~]# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.0.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
192.168.122.0   *               255.255.255.0   U     0      0        0 virbr0

おやぁ、デフォルトゲートウェイを指定しておいた筈なのに設定されてないですよ。

[root@xen1 ~]# route add -net default gw 192.168.0.1
[root@xen1 ~]# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.0.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
192.168.122.0   *               255.255.255.0   U     0      0        0 virbr0
default         192.168.0.1   0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

ようやくネットワークに繋がった。

そして、、、、、Xen環境を確認するとDomain0がない!?
そうなんですよ。Xenがparavirt_ops対応になったのはよいのですが
中途半端な対応でDomain0がparavirt_ops対応してないのでDomain0がなくなったんです。
Fedora10で対応予定だそうで、Xenメインで使いたい方はDedora8で!!

http://docs.fedoraproject.org/release-notes/f9/ja/sn-Virtualization.html
要するに、fedora9のxenサポートは不完全なものになったってことか。
Dom0が使えない。Dom0サポートはfedora10を待てと。
つまり、今xenを使うのなら、fedora8のままにしとくのがいいってことか。  

あとここらへん読んだ。
http://www.redhat.com/archives/fedora-xen/2008-March/msg00013.html  

英語だからよくわからんが、Dom0は使えないが、xennerを使って、kvmで
Xen準仮想カーネルを使えと。んで、Xen完全仮想マシン(Windows)は?

■ 関連
Xenの設定とかいろいろ

No Tags